自動車保険会社の自動車保険と代理店で加入する自動車保険の違い

自動車保険に加入するにはいろいろな選択肢の中から選ぶことが可能ですが、大きく分けるとダイレクト型と損害保険会社から直接加入する方法、保険代理店から加入する方法があります。

 

ダイレクト型自動車保険には保険料が安いというメリットがある他、インターネットから気軽に申込ができるメリットがあります。

 

損害保険会社から直接加入する場合には、保険会社のスタッフから説明やアドバイスが受けられるメリットがあります。
自社の保険商品に精通しているスタッフから説明が受けられますので、自動車保険に無知な人でも安心して加入できるメリットがあります。

 

保険代理店を利用して自動車保険に加入するメリットは、たくさんの保険会社の中から選べる点にあります。
代理店では複数の損害保険会社の保険を取り扱っているため、1社だけではなくたくさんの保険会社の商品を比較して選べる点に魅力があるのです。

 

自動車保険は保険会社によって僅かながら内容が異なるのが普通ですから、比較をして加入する保険会社が選べる点には、保険料以外にも補償内容など様々な面から比較することができるのです。
ですから効率よく最適な保険を選ぶ際には保険代理店を利用するのが最適なのです。

 

保険代理店に近い機能を持つものが、このような自動車保険の一括見積もりサービスとなります。
インターネットから申し込みをすると複数の保険会社から見積もりを入手することが可能ですから、代理店と同じように比較することが可能なのです。