自動車保険一番安い会社

自動車保険の種類・自動車保険の加入率・自動車保険の選び方など

自動車保険には、必ず入らなければならない自賠責保険と、自賠責保険でカバーしきれない部分に対応する任意保険の大きく2種類があります。

 

自賠責保険では、傷害の場合には120万円まで、死亡の場合には3,000万円まで、後遺障害の場合には4,000万円までの補償が受けられます。
しかし、自賠責保険では相手方の物損に対しての補償はありませんし、怪我や傷害、死亡に対する補償額についても、ひとたび事故が起きれば、足りなくなる恐れがあります。

 

そのため、任意の自動車保険に加入して、不足分をカバーすることとなります。
任意保険の加入率は、対人賠償保険の2012年3月末のデータをみると、全国で73.1%の加入率となっています。任意保険の加入にあたっては、対人と対物については無制限で加入することがおすすめです

 

。事故により高額な補償が必要となるケースが多く、金額は無制限とする方が安心できます。

 

また、掛け金の安さもポイントとなりますが、あわせて事故発生時の対応の良さにも注意しておきたいものです。
自動車保険の場合、事故対応が適切であることは被害者・加害者双方にとって大きなメリットとなります。適切かつ迅速に対応してもらえる会社の商品を選ぶことが大切です。

 

また、一度保険商品を決めたら、ずっと同じ商品のままの方も多いものですが、年数が経つにつれて条件が変化してくることもあります。

 

適宜見直しをすることにより、保険料の節約ができることもあります。